圧電型加振器システム F7-1

モデルF7-1は、音波や超音波構造起振による膨張・収縮特性を利用した圧電型振動発生器です。このポータブルなリアクション型加振器は、振動解析や試験において、構造物加振のための4大きなダイナミックフォースを生み出します。その操作原理や、コンパクトで軽量な構造により取付け方向を選ばず、また外部サポートが不要で、シャフトアラインメントなど気にせず使用できるなどの特長があります。

F7-1圧電型振動発生器は、F4電磁型振動発生器と組み合わせて、低い周波数までカバーできるよう設計されています。(F4仕様参照)

非常に高い周波数では、フォース出力にある程度の変動が起こりますが、低いフォース出力での80kHzという高い周波数による振動源として使用できます。10kHzを超えたところでのフォースのバラつきは、主に取付け強度、アタッチメント方法、F7-1が加振する構造物の駆動ポイントにおける機械インピーダンスに直接関係します。この装置のアプリケーションとしては、バイオメディカル研究、生産性試験、機械的インピーダンスの研究、高周波数振動研究など、構造物に広い周波数範囲の加振が必要な用途に使用できます。

F7-1/N8HFS/PA8HFシステム 仕様

モデルF7-1 圧電型加振器
使用可能周波数範囲 ※注1 1,000~80,000Hz
ブロックフォース出力、360V rms入力 10lbピーク
最大入力電圧 800V rms
キャパシタンス 6.4nF
最大操作温度 82°C
重量 1,270g
取付け面径 38.1mm
入力コネクター R4M、ベンディクス、3ピン
ケーブル R4-4M-J9-10
モデルN8HFS マッチングネットワーク
入力電圧、max 60Vrms
電流、max 10A
出力電圧、max 360V rms
入力コネクター R22、スピコン
出力コネクター R4、ベンディクス、3 ソケット
モデルPA8HF パワーアンプ
最大出力パワー (定格@11Ω負荷 225W
周波数応答 (ピエゾフィルターIN)、-3dB 500Hz~150kHz
全高調波歪 1%
入力
 インピーダンス 50kΩ
 信号入力用コネクター BNC、ケースグラウンド
 最大信号 1.75Vrms (2.5V ピーク)
出力  
 最大信号出力 70V ピーク (50Vrms)
 コネクター R22、スピコン
 信号ゲイン 29dB
  • 注1:PA8HFは80kHz以上でも動作しますが、これ以上の高い周波数のパワー供給は、加振器、パワーアンプ、マッチングネットワークなどに損傷を与えることがあります。また80kHz以上の動作は保証の範囲外です。

推奨システム構成図

f7-1構成図

加振器 一覧